本と印刷物の体裁

本の判型(サイズ)

単行本・文庫本タイプから化粧箱入りの高級仕様まで、ご希望やご予算に応じた書籍をご提案いたします。
下記の基本サイズ以外にも、著者の意図や内容にあった体裁を相談して決定します。

本の判型(サイズ)

A判サイズ

判型 サイズ オススメの書籍
A4判 297×210mm 画集、絵本、記念誌・社史、楽譜、雑誌
A5判 210×148mm 単行本、ビジネス書、専門書、写真集
A6判 148×105mm 文庫本、豆本
菊判 220×150mm A5判よりひと回り大きいサイズ

B判サイズ

判型 サイズ オススメの書籍
B5判 257×182mm 記念誌・社史、写真集、雑誌、マニュアル集などの専門書
B6判 182×128mm 一般書籍、単行本(自分史、エッセイ集など)
四六判 188×128mm B6判よりひと回り大きい日本独特のサイズ
一般書籍、単行本(自分史、エッセイ集など)
※市販単行本ではこのサイズがよく利用されています。

その他のサイズ

判型 サイズ オススメの書籍
AB判 257×210mm 写真集、画集、絵本
ページTOPに戻る

製本

主に書籍のつくりは、上製本(ハードカバー)と並製本(ソフトカバー)の2種に分けられます

上製本(ハードカバー)

本文(中身)より3㎜ほど大きなボール紙を表紙に使い、ハードカバーとも呼ばれます。
硬質な表紙で保護されるため並製本よりコストが高くなりますが、耐久性と高級感があります。
表紙材料には布、ビニール、紙などを使用し箔押しなどの加工を施すことができます。

本文は主に「糸かがり」で綴じられます。
本文を糸でかがることによって、接着剤による製本よりも、開きに強くページが抜け落ちない丈夫な本になります。

並製本(ソフトカバー)

通常は本文で使用している紙よりも厚い紙を表紙とします。表紙と中身のサイズは同じ大きさに仕上がります。
ハードカバーより軽装で、持ち運びにも便利です。書籍の中では一番多い仕様となっています。

ページTOPに戻る

印刷物の主なバリエーション

チラシ・リーフレット類の形態は、豊富なバリエーションの中からお選びいただけます。
下記以外にもアイデア次第でさまざまな折り加工が可能ですので、企画・デザインの段階から最終的な印刷物のイメージをご相談いただけます。パンフレットや会社案内などには、中綴じ方式もおすすめです。

  • 中綴じ
    中綴じ二つ折りにした紙の折り目部分を針金でとめます。
  • 二つ折り
    二つ折り
  • 四つ折り
    四つ折り
  • 巻き三つ折り
    巻き三つ折り
  • じゃばら折り・Z折り
    じゃばら折り・Z折り
  • 巻き四つ折り
    巻き四つ折り
  • 観音折り
    観音折り
  • ポケット付き加工など
    ポケット付き加工など
オキナワグラフ最新号 記念誌・社史 自費出版 沖縄の自然シリーズ
ページ上部に戻る